自毛植毛

非切開法での自毛植毛施術の際に生じる、メリットとデメリットとは?

投稿日:2013年3月25日 更新日:

非切開法(FUE)について

メリット

非切開法(FUE)は、ダイレクト法とも呼ばれ、直径0.1mm以下の注射針状の器具を用いて後頭部などから毛根単位で採取したものをスリットを利用して移植する方法です。
メスを使わない方法としてよく使われるようになった方法で、切開部の縫合や傷跡の痛みなどもほとんどありません。
メスを使わないため、

目立つ線状の傷跡が残らないので切開法より評価されています

ぬ。
特に部分的な部位の毛髪密度を高める必要がある場合には良く用いられるようです。

デメリット

ドナーの採取精度を確保するために、採取箇所の髪を均一に刈り上げる必要があるので、植毛を他人に知られたくない場合には不利になります。
カツラで隠すといった手間も必要になってくるでしょう。

非切開法は一度に採取するドナー株に限界がありますので、広範囲な植毛には向いていません。
また、手術の傷は小さいので特に縫合などを行わず、処置も簡略です。
それでも目立つような心配はありませんが、傷跡はいつまでも残りやすく時間とともに大きくなる場合もあるようです。
このため短髪にした場合や加齢によって薄毛が進行した場合には違和感が現れる場合があるようです。

FUE法は医師の技術水準で成果が異なるのが普通で、未熟な場合には毛根の切断率が高くなりやすく、移植後の発毛率も低いという問題があります。
ドナーの採取にも時間を必要とする(切開法の2倍)ので、狭い範囲の植毛にしか対応できないという問題もあるようです。
このため標準的な植毛施術には、FUT法と組み合わせて実施する場合も多いようです。

-自毛植毛

Copyright© 髪の毛・頭皮・薄毛のお悩み解決【ヘアケアWEB】 , 2019 AllRights Reserved.